Prada 

1Matter 〜 40Matter (all 2043Matter)

1913年にマリオ・プラダが彼の兄弟と共に、ミラノに皮革製品のショップを開いたことで、プラダの歴史はスタートします。
世界中から集められた上質な革や珍しい装飾素材を使用し、職人たちの手によって作られたアイテムはブルジョアの間で話題となり、当時のイタリア王室の御用達ブランドとなりました。
しかしながら創始者であるマリオ・プラダの死後、時代の変化についていけなかったプラダは低迷期へと突入していきます。そんな危機的状況を救ったのが孫娘で、現在もプラダとミュウミュウのデザイナーを務めるミウッチャ・プラダでした。
1978年にオーナー兼デザイナーに就任した彼女は、皮革製品ブランドとして有名であったプラダに「ボコノ」という軽くて丈夫な工業用防水生地として使用されていたナイロン素材を導入。
今も多くのアイテムに採用されているブランドロゴ入りの三角プレートをつけただけのシンプルなナイロン素材のバッグは瞬く間に大ヒットを記録しました。
そしてプラダは再び、以前のようなトップブランドとして現在に復活を果たしたのです。